FX会社のWEBディレクターの求人

FX会社求人TOP >> 職種別のFX会社求人 >> FX会社のWEBディレクターの求人

FX会社のWEBディレクターの求人

FX会社、特にネット証券のFXではWEBディレクターによるベンダー選定・管理やクリエイティビティの高いWEBサイトの構築・運営・マネジメントが重要となります。このためFX会社の求人においても、WEBディレクターには相応の知識・経験を求める傾向にあり、顧客が一番に目につけるサービス・システムを、ストレス無く快適に、かつ魅力的に提供できるようにすることを求められるセクション・仕事であるといえます。

WEBディレクターは自分でクリエイションすることよりも、むしろ予算を抑えつつ、高付加価値のWEBデザインやシステムを生み出すことが重要な業務となり、そのためには常に最新トレンドにアンテナを張り、かつユーザーにとって利便性・満足度の高いサイト構成を考案していくことが企業から求められることになります。そのため金融やFXの取引に関する知識よりも、WEBディレクションによってどのような波及効果を生み出すことが出来るのか、そのためにどういった業務・管理を行うのかといったポイントが重要となります。

マーケティング部のWEB広告戦略とタッグを組んで、効果的なWEBページや素材、UI設計を行なっていくため、常に他のセクションとのかかわり合いも重要になってきます。また同時にエンドユーザーの興味・関心・満足度についても常にチェックし、それに適したベンダーの管理や選定、システムの考案、それに伴うコンバージョン率の向上・ユーザー獲得、といった一連のマーケティング戦略を打ち出していける企画力も必要とされます。

基本的にWEB制作経験のある方が応募しており、同時に応募資格としてこれまでにWEBディレクターとしての実務経験を持つ方、特にFXなどの商品・サービスのWEBマーケティングに関連したディレクションを行なってきた方を歓迎している求人が多いです。全くの未経験でいきなりWEBディレクターとして働くことは難しいですが、今後WEBマーケティングなどを通じて実際のディレクション業務を行なっていけるようアピールすることで、入職後にWEBディレクターとして活躍できるケースもあります。

今後さらなる過当競争が予想されるFX業界では、WEB戦略が重要なキーとなり、そのためマーケティングとWEBディレクターによる効果的な広告戦略が必須とされます。同時にシステムの開発や動向によって、どのようなキャンペーンを打ち出していけるのかを分析していくことになるため、常に各セクションとの連携が必要な職種となります。そのためコミュニケーション力があり、かつフラットに仕事を進めることが出来る人材が求められることになります。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.