残業が少ないFX会社求人

FX会社求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ないFX会社求人

残業が少ないFX会社求人

金融業界というと残業が多そうなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実際、朝は相場の動く時間に合わせて早朝出勤し、勤務時間後は新たな顧客獲得に向けて接待続きなど、毎日のように朝から晩まで働きづめ、という証券マンは少なくありません。

FX会社内にもさまざまな部門があり、部門によって残業時間数は全く異なりますが、特に残業時間が増えがちなのが営業職でしょう。大口の取引ばかりを扱う法人向けの営業などは、その取引額の大きさゆえに忙しさのレベルはほかの部門よりも群を抜いて高くなっています。

また、システムの企画や開発を行うシステムエンジニアやWeb開発者など、IT系の部門もかなり忙しく残業が多くなりがちです。特にシステムに何らかの障害や不具合が発生した時などは、その対応のために数日間の徹夜を余儀なくされるケースも珍しくありません。休日出勤も含めて月200時間近い残業も、そう稀なことではありません。

こういった業務は金融業界に対するイメージに違わず、勤務時間が多く忙しいところが多いようです。

一方、比較的残業が少ないのが顧客からの質問や要望に対して電話で対応するカスタマーサポート業務です。カスタマーサポートは24時間受付としているところがほとんどですが、シフト制をとっていることがほとんどなので基本的には残業は発生しません。本来の業務ではなく、研修や学習のために勤務時間を利用することもあると思われますが、それでも月の残業時間は40時間以内程度、一般的なサラリーマンと比較しても同等か少ない方だと言えるでしょう。雇用形態はアルバイトや派遣社員としている会社も少なくありませんが、一般的なアルバイトに比べると時給が比較的高く、またある程度の知識やスキルを必要とする業務でもあるため、育児のためにそれまで務めた会社を退職したものの、それまでに得た知識やスキルを生かしたパートやアルバイトをしたいという主婦の方などにおすすめの業務です。

また、IT系の業務の中でもWebデザイナーは比較的残業の少ない業務でしょう。キャンペーンページのデザイン制作やバナーの制作、ページデザインの更新など、タイミングや納期によっては一時的に高負荷になることも考えられますが、定常的に残業時間が多くなることは考えにくい業務です。ただし、正社員としての募集はあまり多くなく、採用期間も短期のものが多いというデメリットもあります。正社員として長期間勤めたいという人には不向きでしょう。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.