激務でないFX会社求人

FX会社求人TOP >> 条件別 >> 激務でないFX会社求人

激務でないFX会社求人

FX会社の場合、まず仕事はハードになりがちであるという点は理解しておきましょう。FXは為替のトレードによる資産運用ですから、平日は24時間必ずどこかの国・地域で取引が行われています。このため、トレーダーなどは、24時間常に画面に張り付いて為替レートの大きな変動が起きていないかどうか確認しなければなりません。このため、FX会社のトレーダーの勤務スケジュールはローテーション制で回しているところも多いです。結果、深夜から早朝にかけて会社に出てきて仕事をしなければならないことも考えられます。

トレーダーになりたい、できることなら少しでも激務ではない仕事を見つけたいと思っているのであれば、セルサイドよりもバイサイドのトレーダーの案件を探すといいでしょう。セルサイトトレーダーとは、顧客を相手にするトレーダーのことです。このためセルトレーダーは、セールスマンの業務の要素の濃くなる傾向が見られます。顧客の中にもいろいろなニーズがありますので、それにいちいち対応しているとそれだけでもかなりの時間を要します。そのうえで実際にトレードを行ったり、リサーチをしたりする必要もあるので、拘束時間がどうしても長くなってしまいます。

一方バイサイドトレーダーであれば、社内の運用マネージャーが運用に関する指示を出しますので、それに従って実際の取引をするのがメインの業務です。そして取引が完了すれば、決済処理を済ませることで仕事を片付けられます。運用マネージャーが指示すれば、リサーチなどを行うこともあります。ただしこのリサーチについても、セルサイドに依頼することもできるので負担を軽減する工夫はいくらでもできます。このように考えると、セルサイドよりはバイサイドトレーダーの案件に応募したほうが激務ではない環境の中でFX会社のトレーダーとして活躍できるでしょう。

FX会社の中でも実際に為替取引に携わる人は、激務になりがちなのは間違いないです。しかしそれ以外の職種の場合、残業も少なめで土日終日休みの条件で募集の出ている案件もあるのは事実です。たとえば事務職のスタッフであれば、朝出社して夕方から夜ごろには帰宅できるという募集も結構見られます。そのほかには、カスタマーサポートの仕事も残業なしで定時帰宅できるものが多いです。24時間受付にしているところも多く、夜間の勤務に回されてしまう恐れはあります。しかし残業は基本ないですし、大量採用しているところも多いので応募すれば仕事につける可能性は高いです。FX会社で残業のない仕事をしてみたいと思っているのであれば、おすすめの職種といえます。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.