FX会社の履歴書の書き方

FX会社求人TOP >> FX会社の転職の基礎 >> FX会社の履歴書の書き方

FX会社の履歴書の書き方

FX会社に応募する際の履歴書・職務経歴書には、いかに金融業界や為替トレード・FX業界に積極的な姿勢を持っているのか、採用担当者にポジティブな印象をもたせられるのかが重要になります。そのためこれまでの経験・実績・知識を客観的なデータとともに、体裁を整えて書く必要があります。履歴書・職務経歴書はいわば自分の名刺代わりになるものであり、ここで内容が浅かったり、不備があったり、またはイージーミスなどで相手の印象を悪くしてしまったりしては、どんなに優秀な人材であっても転職に失敗してしまう可能性が大きくなります。

履歴書はいわば自分とはどういった人物であるのかを端的に記したものであり、それを中心に今後の面接や採用の可否が決まってくるものになります。これまでどのような職業を経験し、そこでどのようなポジションにいたのか、どのような役割を担い、なぜFX業界への転職を希望しているのかなどを肯定的にしっかり伝えていくことがキーとなります。趣味などには基本的に自分が本来好きなコトや休日などに楽しんでいること、ストレスの発散になることを記すとよいでしょう。

経済関連・金融関連に結びつけたものを無理やり書く必要はなく、あくまで自分とはどういった人間であるのか、その人柄を伝えることに利用するようにしましょう。ここでFX取引を趣味にあげた場合、注意すべき点があります。まずFX業界を始め証券業界ではインサイダー規制があり、そのため就業後も取引を個人的に続けていると、インサイダー関連の規制にかかってしまう危険性が高いので、就業後は辞めることを伝えましょう。またなぜFX取引を行なっていたのか、そこからどのようなことを学ぶことが出来、なぜそこからFX会社に就職を希望するようになったのかを伝えられるようになると、相手方に大きな印象を与えられるようになります。

職務経歴書の場合、まずは自分がこれまで携わってきた仕事・業務・プロジェクトに関する具体的な内容と、それによって得られた経験・結果・利益などについて、きちんと相手方に伝わるように記述することです。具体的なプロジェクトメンバーの数、そのプロジェクトの規模、成功の是非、成果の具体的な内容、そこから得られた実績・経験・知識、それを利用して今後FX会社でそのスキルをどう活かすことが出来るのかなどを、職務経歴および自己PRの中にきちんとまとめていくようにしましょう。職務経歴書はしっかり文体を整え、作成後は第三者に評価してもらってから提出するようにすると、より採用への道が近くなります。数値や利用ソフトについては正確に記述することが重要です。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.