FX会社の向き・不向き

FX会社求人TOP >> FX会社の転職の基礎 >> FX会社の向き・不向き

FX会社の向き・不向き

FX会社で働く上で、どうしても仕事内容的に向き・不向きは出てきます。一般的にFX会社は投資家や法人向けにストレス無くサービスやトレードを実行してもらえるよう、サポートを行なっていくことが主体となります。さらにアナリストの場合は機関紙・レポートなどを投資家・ファンド会社向けに発行することになり、常に顧客目線で仕事を行っていくことになります。そのためお客様のためにしっかりと責任をもって仕事を出来る方が、最もFX会社に向いている人材といえます。一方1つのことに集中し、黙々と作業をするのが好きな方はあまりFX会社には向いていないかもしれません。

またFX会社ではチームとして仕事を行っていくことになります。これは為替ディーラーにせよ、カスタマーサポートにせよ、エンジニア・プログラマーにせよ共通しています。そのためチームメンバーと一丸となって仕事を行っていくことが不可欠で、チームワークを重視して、協調性をもって仕事ができることが求められます。そういった部分にストレスを感じない方であれば、FX会社側もポジティブに採用を考慮してくれるでしょう。

証券の営業であれば、常に顧客と会社との間で板挟みになり、かつノルマ達成のために非常に重圧を感じる場合も多くなってきますが、基本的にFX会社での総合職として活躍する場合、そういった営業ノルマのようなものは少なく、むしろ顧客に対し丁寧かつ親身な対応を行なっていくことに重点をおくようになります。カバーディーリングやカスタマーサポートでは特に顧客からのニーズ・要望・質疑に対し、スピーディーで確実な対応を行うことが必要となり、そういった部分での責任は重くなります。そのため顧客とのコミュニケーションや確実な仕事をきちんとこなすことに対してやりがいを感じることの出来る方は、FX会社に向いているでしょう。一方証券営業マンのように、自分から顧客にどんどん商品・サービスの販売を行なって、数字を稼ぎたいという方には不向きといえるかもしれません。

FX会社は専門職のような経験・知識が大前提となる職種以外に、未経験でもその柔軟性やポテンシャル、今後のための新しい力となる人材を積極採用しています。そのためこれから新しいことを始めたい方、チャレンジしていきたい方はFX業界に向いており、その力をいかんなく発揮できるフィールドに進んでみると、新しい発見があることでしょう。何より金融や為替への知識がまだ不十分であっても、研修やOJTなどが充実しているFX会社が多いので、まずは色々と行動を起こすことが肝心です。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.