FX会社の面接対策

FX会社求人TOP >> FX会社の転職の基礎 >> FX会社の面接対策

FX会社の面接対策

もし実際にFX取引をしていた場合、そのことを伝えてFX会社への転職を成功させることが出来る、といった例もあります。このような経験はFX会社の面接対策として利用することが出来るのはもちろん、なぜFX会社で働きたいのかといった動機の根拠となるものなので、ぜひ伝えていきましょう。もしFX取引自体は行なったことがないものの、FXや為替といったものに興味があったり、または実際に相場に関連する仕事に携わってみたいと思った際には、そのことをきちんと面接時に伝えることが大事です。何より面接では履歴書や職務経歴書などに志望動機を記入していることが前提であり、その内容をいかに相手に伝えられるかが重要になります。ただしFX取引を実際に行なっている場合、その会社を利用して取引をしている場合はインサイダー規制の関連でやめることを前提に伝えなければなりません。また他の会社を利用している場合、会社によっては暗黙で一部の証券口座を所有している場合は不採用になるケースもあるので注意してください。

面接対策は対応する面接官によっても全く異なり、マニュアル的な回答を求めるケースはほとんどなくなりました。いかに自分を表現し、かつそれが企業風土やこれから携わる業務とマッチングしているか、そしてどれだけの貢献・付加価値を生み出すことが出来るのか、これらを面接官に素直に伝えていくことが重要となります。具体的な面接対策を行う場合は、実際に質問される可能性が高い設問を想定し、それに対しどのように回答するのかを模擬面接などを通じて準備することが重要になります。その際柔軟な回答ができるよう、回答の道筋を明確にしておき、質問ごとにうまく対応させることがキーとなります。

具体的に想定される質問として、現在のネット証券の経済に対する役割・影響・今後の成長性、個人投資家の動向・金融資産の構成についての理解、為替相場や取引に関する知識・理解、新しいサービス・システムを構築していく上でのアイディアなどテクニカルなものから、志望動機・関心のある日々のニュース・会社で具体的に行なっていきたい業務内容など、就職において知っておきたい事柄などが挙げられます。これらはFX業界を志望する上で最初に調べておき、しっかり知識を身につけようという姿勢があるかどうかを知るもので、完璧な回答をするのではなく、その段階でどれほど意欲・熱意・理解を持っているのか示すことができるかが重要となります。

FX会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 通販会社求人探しナビ【※通販会社への転職サポート】 All Rights Reserved.